作品名 : 謀議

この作品の感想を書く この作品をお友達にメールで教える


ブログ・サイト用のリンクタグ  
コメント・解説2008年11月に、ヒエロニムス・ボッシュの『手品師』を思い出しながら、気の赴くままに描いた作品。三匹の怪しい生き物が、何か企んでいる様子です。が、必ずしもたくらみばかりではありません、彼らは企むほど頭が良くないかもしれません。傍から観ると、悪巧みをしているように見えるかもしれませんが、彼らは単に暖を取っているだけかもしれません。
作品概要題名は『手品師』の影響下でつけましたが、必ずしも『謀議』である必然性はありません。この作品はこの大きさの4倍くらいの画用紙にクレヨンで描き直しましたが、紙の質とクレヨンとが合わず、光沢のある画面にしたかった私にとっては、失敗作になってしまいましたので、この習作を出します。また描き直します。
カテゴリその他
更新日09/04/06 01:17
投票数2  (投票履歴)

この作品の感想

25 :  Kannaさん  09/12/09 20:14

面白いですね(笑)
なんとも奇妙で…まるでタロットカードのような怪しい世界観を感じます。
ところでジオログの更新が止まっておりますが、お元気でいらっしゃるでしょうか、また更新楽しみにしております^^

17 :  polinさん  09/04/26 22:27

こう言う不思議な生き物の、ちょっと怖くて、でも神秘的な感じはけっこう好きです。
ヒエロニムス・ボッシュって検索してみたら、見たことのある絵がありました。不思議な絵を描く人ですよね。

前のページへ戻るこのページの先頭へ同じカテゴリの作品を探す